自分にあったウォーターサーバーを導入する

subpage01

ここ数年、ウォーターサーバーを導入する家庭が増えてきました。

お客様に相応しいBIGLOBEニュース情報が手に入ります。

以前はペットボトルで水を購入していた人たちも、ウォーターサーバーを利用し始めたのです。
その理由は、ペットボトルを毎回購入すると、家に持ち帰るのが大変であることや、東北の大震災が起こり、ウォーターサーバーの水を予備で置いておくと備蓄になり、何か起きたときに大変役に立つということで、リスク管理にもなるからです。これからもウォーターサーバーを利用する人は増えていくと思いますが、たくさんのメーカーがさまざまなサーバーを提供しているため、その中から選択しなくてはいけません。

サーバーを選ぶ際には、サーバー本体の大きさや機能、そして水の種類を選びます。



機能としては、温水と冷水の両方が使用できるものがほとんどですが、赤ちゃんがいる家庭ではミルクを作るために、適温で使用できるものを選ぶと便利です。



また、水の入ったボトルの設置位置は、多くが上部に設置する形のものですが、中にはサーバーの下部に設置するものもありますので、力に自信がない方はこのようなタイプのものを選ぶと良いでしょう。

水の種類に関しては、まずRO膜水か天然水かを選びます。RO膜水は、人工の高性能なフィルターを通して高精度にろ過していますので、とても純度の高い安全な水です。

天然水は、自然のミネラルが豊富なので、味わいがさまざまですので、自分の口に合うものを選ぶようにしましょう。健康を考える人は、ミネラルの含まれた天然水の方が良いでしょう。


水の基本知識

subpage02

ウォーターサーバーを設置して使い始めてみると、確かに便利で使い勝手が良いと感じる人も少なくないでしょう。設置する前まではしっかりと情報収集をして、SNSやブログなどを利用して口コミ情報を集めるのにも時間を費やした人が多いはずです。...

NEXT

水が気になる方

subpage03

安全な飲料水を購入する方法としては手軽で安価なものがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーは、一定量の水を購入するさいに設置される給水装置のことです。...

NEXT

知ってる?

subpage04

宅配水業界は、1980年代より徐々に市場拡大して来ましたが、2011年3月の東日本大震災以降有事に対する危機感の高まりにより、宅配水業界は一気に市場拡大して現在では800社以上の業者が存在するとされています。その為、宅配水業者は他の宅配水業社との差別化を目的としてウォーターサーバーの機能や宅配水の成分、料金など多くの特色をアピールしています。...

NEXT

耳より情報

subpage04

今、妊娠をきっかけにウォーターサーバーを取り入れる家庭が増えています。赤ちゃんが産まれると、ママは何かと忙しく、時間をほぼお世話で精一杯になり、中でもミルク作りは、産まれて間もない子が口にするものなので、慎重になります。...

NEXT